顔のシミを消すには、どうすればいい?

*

顔のシミ、本気で消したいなら

いつまにか顔にできてしまったシミ、なんとかして消したいと思いますよね。身体のシミと違って、顔のシミは印象を一気に老けさせてしまいます。

このシミさえなかったら…と鏡をみるたび残念な気持ちになるのは、女性なら仕方ありません。一度できてしまった顔のシミはもう手遅れで、消すことはできない、と思っている方も意外と多いのです。

しかし正しいケアを根気よく続ければ、できてしまった顔のシミもある程度まで薄くしたり消したりすることは可能なのです。



3269da68f05a198a5f8de1909497740c_s



顔のシミができる原因とメカニズム

顔のシミの原因はメラニン。肌が紫外線を浴びると、身体は肌を紫外線から守るためにメラニンを生成します。健康な肌であれば、肌の新陳代謝によって肌細胞はどんどん生まれ変わり、メラニン色素も古い角質と一緒に排出されるのです。

しかし、老化やホルモンバランスなどにより肌のターンオーバーがうまくいかないとメラニン色素が排出されずに残ってしまいます。

肌にメラニン色素が残ったまま、さらに紫外線を浴びて日焼けをしてしまうとまた新しいメラニンが生成され、肌に残るメラニンがどんどん蓄積されることに。

これらの蓄積されたメラニンが色素沈着してしまったものが、シミというわけです。20歳代ぐらいの若い頃は肌の新陳代謝も活発なので、メラニンが蓄積されるヒマもなく顔のシミとも無縁なものです。

しかし、30代、40代と年齢を重ねるごとに新陳代謝の機能が衰えてきますので、顔のシミが増え始めてきた…と気になるのもだいたい、40歳前後ぐらいなのです。


顔のシミを作らないために、やるべきことは?

顔のシミができる元凶は、なんといっても紫外線!紫外線にさえ当らないようにすれば、顔のシミに悩まされることはほとんどありませんよね。

しかし、外に一歩も出ない生活というのはほぼ無理ですし、たとえ家の中にいたとしても、窓やガラスから紫外線は簡単に侵入してきます。

紫外線対策は夏だけでなく1年中、さらに、外出するしないにかかわらず、日焼け止めを塗ることは最低限必要であると考えましょう。

それでも、どんなに対策をしても、夏場の紫外線はかなり強烈ですから、気づかないうちに、うっかり、日焼けしてしまった…なんてこともありますよね。

そんな時もあきらめずに大丈夫! 日焼け後のケアしだいで、シミを作りにくくすることができるのです。



9dcb07809eca55ff9710debc30c90c10_s



日焼けしたあとでも手遅れにならない3つのポイント

●睡眠をたっぷり
肌の新陳代謝は、睡眠中に活発に行われます。十分な睡眠をとることで肌の疲労を回復させるとともに、肌の新陳代謝を促し、シミになりにくくします。最低でも7~8時間はしっかり寝るようにしましょう。
●ビタミンCをたっぷり
美肌といえば、ビタミンC。ビタミンCにはメラニンの排出を促し、肌の再生力を高める働きがあります。日焼けしたあとは1日1500~2000mgを目安にビタミンCを毎日とりましょう。野菜や果物もたくさん摂りながら、サプリメントで補うのがおすすめです。
●摩擦や刺激はNG
日焼けをした後の肌は敏感になっているので、ちょっとした刺激でもシミの原因となりやすいので、掻いたりこすったり、などの刺激は避けましょう。洗顔の際もゴシゴシやらずに軽くそっと洗い上げて、タオルでポンポンと軽く抑えるよいにして水分を拭くようにするとよいですね。


記事